本文へスキップ

整骨院、接骨院の、損害保険会社の不正請求(架空請求・水増し請求)の調査の対応法をご説明します。交通事故の施術費用の保険会社との交渉は、弁護士にご相談下さい。

電話での相談のご予約・お問い合わせはTEL.03-5925-8437
平日:9時30分〜17時30分

交通事故の不正請求と損害保険会社の調査

損保の不正請求調査に強い、弁護士の鈴木陽介です。

サンベル法律事務所は、全国(北海道から沖縄まで)からご依頼を頂き、損保不正調査の対応業務を行っています。

警察への告訴の回避のため、損害保険会社への対応は、弁護士のサポートを受けるべきです。


整骨院が損害保険会社から不正請求(架空請求・水増し請求)を指摘された場合の対応のポイントをご説明します。

損害保険会社の不正請求調査の対応のポイント


 1 保険会社の不正請求の調査の流れ

損害保険会社が、整骨院・接骨院の交通事故の施術費用の請求について、不正請求を疑い、調査を開始するケースがあります。保険会社の調査が実施された場合は、当該整骨院・接骨院に何らかの不正請求の疑いがあり、そのため、事実確認の必要が生じていたと考えるべきです。

不正請求(架空請求や水増し請求)の調査の結果、事実と異なる施術費用の請求がなされている疑いが深まれば、その整骨院、接骨院の開設者、管理者などに対し、保険会社から事実関係の照会がなされることになります。また、状況により、その施術費用を請求した交通事故の被害者である患者にも、照会がなされることになります。

不正請求の調査を進めた結果、その整骨院・接骨院が悪質であると判断された場合などは、損害保険会社により、警察への被害届の提出、告訴がなされることがあります。その場合は、刑事事件として、警察の捜査がなされ、場合により逮捕され、保険金詐欺の事件として、関係者の刑事裁判が行われ、有罪判決となるおそれもあります。

交通事故の施術費用の請求での保険金の詐欺で有罪判決となった場合は、柔道整復師については、柔道整復師法に基づき、行政処分(柔道整復師の免許取り消し、及び、柔道整復師の業務停止すなわちいわゆる免許停止)がなされる流れになります。行政処分については、柔道整復師の行政処分のコラムに記載しています。

 2 保険会社の事情聴取に弁護士を同席させる

保険会社が不正請求(架空請求や水増し請求)を疑い整骨院などの開設者・管理者に事情聴取が実施される事態となった場合には、必ず弁護士に相談し、対応方針について打ち合わせをしてから、弁護士を同席させて臨むことをお勧めします。損害保険会社による不正請求の調査は、警察による刑事事件の捜査と類似しており、損保会社の担当者や損保会社の弁護士はまさに不正請求調査のプロで、その道の専門家ではない整骨院、接骨院の開設者・管理者が、個人で適切な対応をすることはハードルが高いためです。

保険会社の事情聴取では、整骨院の開設者・管理者が、事情聴取の結果を記載した調書へのサインを求められることが通例です。調書へサインすれば、その調書は重要な証拠となります。損保会社への事情聴取に準備をせずに臨んでしまうと、不適切な調書がその場で作成されてしまい、取り返しのつかない状況になることもあります。調書へのサインは、同席させた弁護士に内容を確認してもらってから行うことをお勧めします。

 3 保険会社の担当者とのコミュニケーション

保険会社は、交通事故での整骨院の不正請求の事実をつかめば、必ず警察に被害届の提出、告訴の手続きを行う、というわけではありません。刑事手続きに進むか否かは、総合的な判断により保険会社の内部決裁で決定されます。損保会社の考え方も、被害届の提出、告訴を積極的に検討するか、消極的か、損保会社によりそれぞれです。

被害届の提出、告訴を回避する適切な対応のために、損保会社の担当者、担当弁護士とのコミュニケーションが重要です。まさに調査の対象となっている整骨院、接骨院の方には、冷静なコミュニケーションは困難であり、専門家である弁護士を間に入れて損保会社の担当者、担当弁護士から情報収集を行い、その収集した情報を踏まえ、対応を決定していくことが重要です。ニュアンスなどの理解のためにも、弁護士を間に入れることをお勧めします。


交通事故の施術費用の請求に関して、損害保険会社の不正請求調査、面談に臨む整骨院・接骨院の方は、お電話下さい。調査への対応を弁護士がアドバイスします。


交通事故の不正請求、柔道整復師の行政処分のコラム


交通事故の不正請求、柔道整復師の行政処分のコラムの一覧です。
損害保険会社による交通事故の不正請求の調査、行政処分に臨む整骨院、接骨院の方はご活用下さい。

 交通事故の不正請求

1 損害保険会社の交通事故の不正請求の調査の対応法

 柔道整復師の行政処分

1 柔道整復師の免許取り消し、免許停止、業務停止の行政処分

 柔道整復師の免許取消、業務停止の判例

1 免許取消・業務停止の判例(1):暴力団との不正請求の免許取消し

2 免許取消・業務停止の判例(2):柔道整復師免許取消しの取消訴訟

SUNBELL LAW OFFICE柔道整復師 損害保険会社

サンベル法律事務所
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-18
オオノヤビル7階
TEL 03-5925-8437
FAX 03-5925-8438

弁護士鈴木陽介書籍架空請求 弁護士 水増し請求

書籍:こんな患者さんとのトラブル&ハプニング

クインテッセンス出版,2013年

弁護士鈴木陽介書籍弁護士 接骨院 柔道整復師 整骨院

書籍:歯科医院の事業承継とM&A

学建書院,2016年